FC2ブログ

公共施設(まちづくりトータルサイン、モニュメント・彫刻、公園景観施設等)をオリジナルデザインで企画・製作・施工をしている会社です。施設の老朽化にともなうメンテンスも行っております。ホームページはこちら http://www.motto-ams.com/

先週に引き続き……

4月の2週目に入り、また少し肌寒さが戻ってきましたね。
早く暖かく過ごしやすい日々になってほしいですね(*^_^*)

今週も先週に引き続き、30回 日本建築美術工芸協会の受賞作品を4点紹介したいと思います(*^_^*)

今週は、入選作品を紹介します!

『mother s⁺ (マザーズプラス)』
20210412085229919_01.jpg
photo:AACA発行冊子より

『大成建設技術センター  風のラボ』
20210412085229919_03.jpg
photo:AACA発行冊子より

『プラス薬局みさと店』
20210412085229919_04.jpg
photo:AACA発行冊子より

『新風館』
20210412085229919_05.jpg
photo:AACA発行冊子より

どの建築も、本当に空間そのものがアートになる、外観からは想像できない内装。
外観から魅了されてそこから想像する内装のギャップと壮大さをこの写真から感じます。
どれを見ても、思わず写真の中に吸い込まれてしまいます。

建築アートやモニュメントなど、沢山のアートが街を活性化させていくことへつながっていくんだな。と思います(^-^)
色々なことで下を向いてしまいがちな中で、街を歩いているだけでも少しでも魅了するものが増えたら良いですね。
アムスは、少しでもそんな街の活性化につながることへ、力を注いでいきたいと考えます。
スポンサーサイト



2月に紹介させていただきましたが…

いよいよ4月になり新生活がスタートしている方も多いのではないでしょうか♪
新しい生活が始まる人も、変わらずに日々を過ごす人も、4月の新年度のスタートは元気よく進みましょう!!

タイトルの通り、2月にも2週にわたり紹介してきましたが、今週もまた第30回 日本建築美術工芸協会の受賞作品を紹介したいと思います(*^_^*)

今週は、奨励賞の受賞作品を紹介します!

『松山大学 文京キャンパス myu terrace』
文書1_01
Photo : AACA発行冊子より

『松原市民松原図書館』
20210402153103502_03.jpg
Photo : AACA発行冊子より

『木頭の家』
ブログ用_01
Photo : AACA発行冊子より

『すばる保育園』
20210402153103502_05.jpg
Photo : AACA発行冊子より

どの建物も写真を見ているだけで、その空間に実際に行ってみたいと感じられます。
空間のアートに、吸い込まれていく感覚になりますね。
実際にこの目で見たい、この空間を味わいたい。そう感じる建物ばかりで建築美術作品のすばらしさに感動します!

すばらし日本の建築美術は、まだまだAACAが発行している冊子には掲載されていますので、これからも感動を届けるべく紹介していきたいと思いますo(^▽^)o

あっという間の1年間で…

12月に入り、もうすでにこのブログも2回目(・Д・)ノ
本当にあっという間に、今年も1年間が過ぎてしまうんだと実感する毎日です。
徐々に、年を越す準備を始めなければ‼と、焦ってしまいますね。゚(゚´Д`゚)゚。

本日アムスは、刑部岬展望館の案内表示板等の修繕を行ってまいりました。
案内板

みなさん、刑部岬の展望館を御存じでしょうか?
私は、生まれも育ちも千葉ですが知りませんでした…。

ただまた一つ、千葉の素晴らしい景色を知ることになりました。
景色

この岬にある飯岡灯台は、今月からライトアップもされて、色々な方々を楽しませてくれることは間違いないでしょう♪
灯台

宣伝パンフレット

この飯岡灯台と共に立つ展望館は、光と風がテーマになっています。
朝日や夕日、太陽が反射する海からの光、そして海風(* ´ ▽ ` *)
皆さんにも、この自然から光や風を感じてほしいと思います。
光と風

そしてこの岬には、もう一つ東日本大震災の復興を願って「希望の鐘」が建てられました‼
除夜の鐘に代わり希望の鐘を鳴らして、希望をもって新しい年を迎えたいですね‼
鐘


この刑部岬から見る景色は、5つの百選に選ばれているので、来年の良い年を迎えるためにも、
初日の出を見に足を運んでいただき、来年は良い年になるように、令和3年を清々しい気持ちで迎えられたら良いですね‼

紅葉の季節がやってきましたね♪

毎日のように、コロナの第3波のニュースが気になるところではあるのですが、これからも身を引き締めていきたいと思います!
皆様も、くれぐれも気を付けて元気に過ごしてほしいと思います。

寒さがやってきて、いよいよ紅葉が本格的になるシーズンになってきました‼
日本に住んでいるすばらしさを自然によって感じることができる代表として、この季節の移り変わりでもある紅葉があると思います。

今アムスは、富里市にある旧岩﨑家末廣別邸の一般公開に向け、園路の整備を行っております。
皆様は、旧岩﨑家末廣別邸をご存じでしょうか?
12/6(日)より、一般公開が開始されます‼
看板DSCN9385.jpg

手作りの看板にも書かれている通り、旧岩﨑家末廣別邸は国登録有形文化財に指定されています。
少し説明をさせていただくと、この末廣別邸は旧三菱財閥3代目総帥であった岩﨑久彌氏の別邸で、末廣農場内に建てられたため、そう呼ばれています。末廣というのは、扇のように開く独特の地形であったことから、そう名付けられたそうです。
元々東京に住んでいた久彌氏は、戦後の財閥解体・農地解放後にこの別邸に移り住んで、農牧改良事業に余生を捧げました。
詳しい説明は、富里市のHPに掲載されているので、ご覧になってみて下さい。

現在は、富里市に寄贈されているので、富里市がこの旧岩﨑家末廣別邸を一般公開を開始することになりました。
近代和風建築である旧岩﨑家末廣別邸は、主屋・東屋・石蔵の3棟が国登録有形文化財として一般公開されます。
非常に興味深く、雄大な敷地内を散歩しながら貴重な文化財をぜひご覧になっていただきたいと思います。
多少ではございますが、今なら紅葉の紅葉も目にすることができるのではないかと思います。
iwasaki.jpgDSCN9386.jpg

DSCN9387.jpgIMG_0441.jpg
DSCN9382.jpgDSCN9383.jpg
IMG_0439.jpg

とても趣のあるこの景色を、ぜひご覧になってほしいと思います。
訪れてみたい方は、行き方など詳しい内容は富里市のHPをご覧になってみて下さい。



毎朝、どんどん寒くなりますね…

朝目覚めても、まだ外は暗くて寒く、いよいよ冬を感じますね。
みなさん、お体には充分お気を付けください(^∇^)ノ

みなさんは、パブリックスペースという言葉を耳にしたことはありますか?
今このパブリックスペースの活用について注目されています。

パブリックスペースとは、公共の空間で誰もが自由に出入りできる開放的な場所の事をいうそうです。
『造景』という専門誌に掲載されている中で、私たちの住む千葉の情報も掲載されていました。
20201106141557660_02.jpg
Photo:株式会社 建築資料研究社 発行『造景』より
このプレーパークという名称は初めて耳にしましたが、「自分たちの子供たちが遊びたい公園を自分たちの手で作って管理しよう」と立ち上がった子育て世代が運営・管理する公園で、1979年に世田谷の羽根木プレーパークから始まり、今では全国で222か所で見られるそうです。

パブリックという言葉を聞くと、アムスに関連してくるのが、パブリックアートになります。
先日、国会討論でもその言葉が出てきたことに驚いたのですが、色々な場面でパブリックアートが注目されてくることが期待されます(*^_^*)
公共の場に、もっともっとアートで空間を演出できたら…という思いが、現実になってくれると嬉しいです!
パブリックアートが更に注目され形になっていくことで、日本全体が活性化されると信じています!

そこで『いま、評価され続けているアジアのアート』という書籍でも、紹介されていますが、素晴らしいアート作品が美術館やギャラリーだけではなく、パブリックアートとして日本全体が活性化されていくことを願います!!
20201106141557660_01 (2)
20201106141557660_01 (3)
20201106141557660_01.jpg
Photo:財団法人軽井沢ニューアートミュージアム発行『いま、評価され続けているアジアのアート』より
プロフィール

AMS-staff

Author:AMS-staff
お問い合わせはメールフォームよりお気軽にお問い合わせください。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
日本ブログ村
RSSリンクの表示